MCSA: Windows Server 2016 資格を取得すると、ネットワークまたはコンピューター システム管理者、あるいはコンピューター ネットワーク スペシャリストに適格であることが示され、マイクロソフト認定ソリューション エキスパート (MCSE) になるための第一歩となります。
70-740試験に合格すれば、MCSA: Windows Server 2016の資格を取得することができます。
70-740試験取得のために勉強をしているのですが、独学でも合格できますか?
70-740試験に合格するために、良い結果を達成するためにPassexamのMCSA: Windows Server 2016資格70-740問題集を選択します。
MCSA: Windows Server 2016資格70-740模擬問題の正答率が95%以上になった時点で受験します。
弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740試験材料は全て理解していたので、応用問題にも対応できたのではないかと思います。

70-740受験体験記には、下記のとおりです

内容を理解したらひたすらPassexamで問題演習。
Passexamをひたすら解いていれば同じような問題が多々でてくるのでPassexamの問題をひたすら解けばいいと思います

70-740試験概要:

試験番号:70-740
試験名称:Windows Server 2016 のインストール、記憶域、コンピューティング
配信開始: 2016 年 10 月 3 日
言語: 英語、繁体字中国語、 簡体字中国語、日本語、ポルトガル語?ブラジル、フランス語、ドイツ語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Windows Server 2016
対応資格: MCSA
受験料:¥21,103.00 JPY

弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740受験対策を使用すると、勉強期間は12時間ぐらいに、試験に合格することができます。
弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740試験材料を使えば、実践経験やテストダンプにも含まれています。
最新のMCSA: Windows Server 2016資格70-740学習材料をしっかり勉強しておけば、類似問題が多数と聞いていたのです。

70-740出題内容の詳細は以下のとおりです:

ホスト環境とコンピューティング環境への Windows Server のインストール (10 – 15%)
記憶域ソリューションの実装 (10 – 15%)
Hyper-V の実装 (20 – 25%)
Windows コンテナーの実装 (5 – 10%)
高可用性の実装 (30 – 35%)
サーバー環境の保守と監視 (10 – 15%)

弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740試験対策は問題を解いている最適は思います。
弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740学習資料を勉強したら、初心者としては、難しい試験ではないと思います。
同じようなMCSA: Windows Server 2016資格70-740問題が出題されるので、確認しておいたほうがいいと思います。
70-740問題と解答を暗記しただけじゃ解けない問題が多いので、とにかく70-740問題集を解いて、問題を全て覚えるまで繰り返す。

1.You have a Hyper-V host named Served That runs Windows Server 2016 Server1 has a virtual machine named VM1 VM1 is configured to run the Docker daemon. On VM1 you have a container network that uses transparent mode You need to ensure that containers that run on VM1 can obtain IP addresses from DHCP. What should you do?
A. On VM1, rundocker network connect
B. On Server1 runGet-VMNetworkAdapter-VMName VM1| Set-VMNetworkAdapter-MacAddressSpoofing On
C. On Server1, rundocker network connect
D. On VM1, runGet-VMNetworkAdapter-VMName VM1| Set-VMNetworkAdapter-MacAddressSpoofing On.
Answer: D

2.You have a server named Served that runs Windows Server 2016. Server1 will be used as a VPN server. You need to configure Server1 to support VPN Reconnect. Which VPN protocol should you use?
A. PPTP
B. L2TP
C. SSTP
D. lKEv2
Answer: D

3.You have a server named Server1 that runs Windows Server 2016 You install the Docker daemon on Server! You need to configure the Docker daemon to accept connections only on TCP port 64500. What should you do?
A. Run theNew-NetFirewallRulecmdlet
B. Run theSet-ServiceWindows PowerShell cmdlet.
C. Edit the daemon.json file.
D. Edit the configuration json file
Answer: C

4.You have an Active Directory domain named Contoso com The domain contains servers named Server1 and Server2 that run Windows Server 2016. You install the Remote Access server role on Server1. You install the Network Policy and Access Services server role on Server2. You need to configure Server1 to use Server2 as a RADIUS server. What should you do? A. From Routing and Remote Access, configure the authentication provider. B. From the Connection Manager Administration Kit, create a Connection Manager profile
C. From Server Manager, create an Access Policy.
D. From Active Directory Users and Computers, modify the Delegation settings of the Server1 computer account.
Answer: A

5.You have a Nano Server named Nano1.
Which cmdlet should you use to identify whether the DNS Server role is installed on Nano1?
A. Find-NanoServerPackage
B. Get-Package
C. Find-Package
D. Get-WindowsOptionalFeature
Answer: B

6.What should you run?
A. the Install-NanoServerPackage cmdlet
B. theInstall-WindowsFeaturecmdlet
C. the docker load command
D. the docker run command
Answer: D

7.You have a Hyper-V host named Served That runs Windows Server 2016
Server1 has a virtual machine named VM1 VM1 is configured to run the Docker daemon.
On VM1 you have a container network that uses transparent mode
You need to ensure that containers that run on VM1 can obtain IP addresses from DHCP.
What should you do?
A. On VM1, rundocker network connect
B. On Server1 runGet-VMNetworkAdapter-VMName VM1| Set-VMNetworkAdapter-MacAddressSpoofing On
C. On Server1, rundocker network connect
D. On VM1, runGet-VMNetworkAdapter-VMName VM1| Set-VMNetworkAdapter-MacAddressSpoofing On.
Answer: D

8.You have a server named Served that runs Windows Server 2016. Server1 will be used as a VPN server. You need to configure Server1 to support VPN Reconnect.
Which VPN protocol should you use?
A. PPTP
B. L2TP
C. SSTP
D. lKEv2
Answer: D

9.You have a server named Server1 that runs Windows Server 2016 You install the Docker daemon on Server! You need to configure the Docker daemon to accept connections only on TCP port 64500.
What should you do?
A. Run theNew-NetFirewallRulecmdlet
B. Run theSet-ServiceWindows PowerShell cmdlet.
C. Edit the daemon.json file.
D. Edit the configuration json file
Answer: C

10.You have an Active Directory domain named Contoso com The domain contains servers named Server1 and Server2 that run Windows Server 2016. You install the Remote Access server role on Server1. You install the Network Policy and Access Services server role on Server2. You need to configure Server1 to use Server2 as a RADIUS server.
What should you do?
A. From Routing and Remote Access, configure the authentication provider.
B. From the Connection Manager Administration Kit, create a Connection Manager profile
C. From Server Manager, create an Access Policy.
D. From Active Directory Users and Computers, modify the Delegation settings of the Server1 computer account.
Answer: A

 


MCSAを取得しましょう:Windows Server 2016 資格を取得すると、ネットワークまたはコンピューター システム管理者、あるいはコンピューター ネットワーク スペシャリストとしての職務に適格であることが示され、Microsoft Certified Solutions Expert (MCSE)になるための第一歩となります。
70-740試験の受験者は、MCSA: Windows Server 2016認定を取得している必要があります。
勉強形態が独学でMCSA: Windows Server 2016認定70-740試験を通じたいですか?
70-740テストに無事合格したかったら、PassexamのMCSA: Windows Server 2016認定70-740問題集を使用ほうがいいと思います。
PassexamのMCSA: Windows Server 2016認定70-740テキストでもしっかり勉強すれば合格できます。
弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740勉強資料を一通り勉強したら、きっと試験に合格することができます。
弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740学習材料を一度ちゃんと学習しておけば合格レベルに到達すると思います。
最新のMCSA: Windows Server 2016認定70-740受験対策を使用すると、1回で受ければ、受験料も高いだけに気持ち的には楽に受けられます。

70-740試験概要:

試験名称:Windows Server 2016 のインストール、記憶域、コンピューティング
配信開始: 2016 年 10 月 3 日
言語: 英語、繁体字中国語、 簡体字中国語、日本語、ポルトガル語・ブラジル、フランス語、ドイツ語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Windows Server 2016
対応資格: MCSA
受験料:¥21,103.00 JPY

70-740受験対象者:

MCSA: Windows Server 2016認定70-740試験では主に、Windows Server 2016 で利用可能なインストール、記憶域、コンピューティングの機能に焦点を当てています。 展開用のイメージの作成と管理に加えて、全般的なインストール タスクと考慮事項、そして Nano Server のインストールと構成を対象とします。

70-740試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

ホスト環境とコンピューティング環境への Windows Server のインストール (10 – 15%)
記憶域ソリューションの実装 (10 – 15%)
Hyper-V の実装 (20 – 25%)
Windows コンテナーの実装 (5 – 10%)
高可用性の実装 (30 – 35%)
サーバー環境の保守と監視 (10 – 15%)

弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740テキストは初学者向けで、これだけで合格はできます。
弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740勉強材料を使用すると、正解率は必ず合格を超えてます。
無料でMCSA: Windows Server 2016認定70-740参考書を更新してあげるのを選択することもできます
下記は高い精確の70-740問題と答えで、ご参照ください。

You have a Nano Server named Nano1.
Which cmdlet should you use to identify whether the DNS Server role is installed on Nano1?
A. Find-NanoServerPackage
B. Get-Package
C. Find-Package
D. Get-WindowsOptionalFeature
Answer: B

 


MCSA: Windows Server 2016 資格を取得すると、ネットワークまたはコンピューター システム管理者、あるいはコンピューター ネットワーク スペシャリストに適格であることが示され、マイクロソフト認定ソリューション エキスパート (MCSE) になるための第一歩となります。
70-740試験に合格すれば、MCSA: Windows Server 2016の資格を取得することができます。
70-740試験取得のために勉強をしているのですが、独学でも合格できますか?
70-740試験に合格するために、良い結果を達成するためにPassexamのMCSA: Windows Server 2016資格70-740問題集を選択します。
MCSA: Windows Server 2016資格70-740模擬問題の正答率が95%以上になった時点で受験します。
弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740試験材料は全て理解していたので、応用問題にも対応できたのではないかと思います。

70-740試験概要:

試験番号:70-740
試験名称:Windows Server 2016 のインストール、記憶域、コンピューティング
配信開始: 2016 年 10 月 3 日
言語: 英語、繁体字中国語、 簡体字中国語、日本語、ポルトガル語?ブラジル、フランス語、ドイツ語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Windows Server 2016
対応資格: MCSA
受験料:¥21,103.00 JPY

弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740受験対策を使用すると、勉強期間は12時間ぐらいに、試験に合格することができます。
弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740試験材料を使えば、実践経験やテストダンプにも含まれています。
最新のMCSA: Windows Server 2016資格70-740学習材料をしっかり勉強しておけば、類似問題が多数と聞いていたのです。

70-740出題内容の詳細は以下のとおりです:

ホスト環境とコンピューティング環境への Windows Server のインストール (10 – 15%)
記憶域ソリューションの実装 (10 – 15%)
Hyper-V の実装 (20 – 25%)
Windows コンテナーの実装 (5 – 10%)
高可用性の実装 (30 – 35%)
サーバー環境の保守と監視 (10 – 15%)

弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740試験対策は問題を解いている最適は思います。
弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740学習資料を勉強したら、初心者としては、難しい試験ではないと思います。
同じようなMCSA: Windows Server 2016資格70-740問題が出題されるので、確認しておいたほうがいいと思います。
70-740問題と解答を暗記しただけじゃ解けない問題が多いので、とにかく70-740問題集を解いて、問題を全て覚えるまで繰り返す。

 


MCSA: Windows Server 2016資格を取得し、プロフェッショナルとしてのキャリアを成長させる。
MCSA: Windows Server 2016 資格を取得すると、ネットワークまたはコンピューター システム管理者、あるいはコンピューター ネットワーク スペシャリストに適格であることが示され、マイクロソフト認定ソリューション エキスパート (MCSE).になるための第一歩となります。
70-740試験の受験者は、MCSA: Windows Server 2016認定を取得している必要があります。
気楽に70-740試験に合格したい場合、PassexamのMCSA: Windows Server 2016認定70-740問題集を使用ください。
弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740参考書は非常に実用的であり、絶対的に正しいです。
弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740試験資料をやっを通して、試験のために非常に自信を持つことになります。

70-740試験概要:

試験番号:70-740
試験名称:Windows Server 2016 のインストール、記憶域、コンピューティング
配信開始: 2016 年 10 月 3 日
言語: 英語、繁体字中国語、 簡体字中国語、日本語、ポルトガル語・ブラジル、フランス語、ドイツ語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Windows Server 2016
対応資格: MCSA
受験料:21103円
2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

70-740受験対象者:

70-740試験では主に、Windows Server 2016 で利用可能なインストール、記憶域、コンピューティングの機能に焦点を当てています。 展開用のイメージの作成と管理に加えて、全般的なインストール タスクと考慮事項、そして Nano Server のインストールと構成を対象とします。 さらに、ディスクとボリュームの構成、データ重複除去、高可用性、障害復旧、記憶域スペース ダイレクト、フェールオーバー クラスター化ソリューションを含むローカル/サーバー記憶域ソリューションも対象とします。
MCSA: Windows Server 2016認定70-740試験では、物理/コンピューティング環境でのサーバーの保守と監視に加えて、Hyper-V とコンテナーも対象とします。

70-740試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

ホスト環境とコンピューティング環境への Windows Server のインストール (10 – 15%)
記憶域ソリューションの実装 (10 – 15%)
Hyper-V の実装 (20 – 25%)
Windows コンテナーの実装 (5 – 10%)
高可用性の実装 (30 – 35%)
サーバー環境の保守と監視 (10 – 15%)

実際のMCSA: Windows Server 2016認定70-740認定試験と比べて非常に同様の質問の95%以上を含むのも保証します。
弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740受験対策は理解やすいので、初心者は勉強独学で、試験に合格することができます。
弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740試験資料を使って、受験の得る新しい解決方法を提供して、8時間から12時間ぐらいかかるなら、一発合格が可能です。
もし、受験者はMCSA: Windows Server 2016認定70-740認証試験に関する学習資料をしっかり勉強して、成功することも簡単になります。
MCSA: Windows Server 2016認定70-740サンプルをダウンロードすることができます。

You have a Nano Server named Nano1.
Which cmdlet should you use to identify whether the DNS Server role is installed on Nano1?
A. Find-NanoServerPackage
B. Get-Package
C. Find-Package
D. Get-WindowsOptionalFeature
Answer: B

 


たくさんのIT プロフェッショナルがMCSA: Windows Server 2016認定の取得を目標として勉強します。
どのように独学でMCSA: Windows Server 2016資格70-740試験に通じますか?
解答はPassexamの70-740問題集だけで十分だと思います。
弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740勉強資料はPDF版とソフト版を提供しますので、どこでも勉強してもいいです。
弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740参考書の正解率が9割を超えるまで繰り返し、問題を解くことができます。
弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740学習材料を選択し、受験者のために最も適しています。
受験者のMCSA: Windows Server 2016資格70-740試験に合格させることができないと、すぐに全額で返金いたします。

70-740試験概要:

試験番号:70-740
試験名称:Windows Server 2016 のインストール、記憶域、コンピューティング
配信開始: 2016 年 10 月 3 日
言語: 英語、繁体字中国語、 簡体字中国語、日本語、ポルトガル語?ブラジル、フランス語、ドイツ語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Windows Server 2016
対応資格: MCSA
受験料:21103円

70-740受験対象者:

MCSA: Windows Server 2016資格70-740試験では主に、Windows Server 2016 で利用可能なインストール、記憶域、コンピューティングの機能に焦点を当てています。 展開用のイメージの作成と管理に加えて、全般的なインストール タスクと考慮事項、そして Nano Server のインストールと構成を対象とします。 さらに、ディスクとボリュームの構成、データ重複除去、高可用性、障害復旧、記憶域スペース ダイレクト、フェールオーバー クラスター化ソリューションを含むローカル/サーバー記憶域ソリューションも対象とします。
MCSA: Windows Server 2016資格70-740試験では、物理/コンピューティング環境でのサーバーの保守と監視に加えて、Hyper-V とコンテナーも対象とします。

70-740試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

ホスト環境とコンピューティング環境への Windows Server のインストール (10 – 15%)
記憶域ソリューションの実装 (10 – 15%)
Hyper-V の実装 (20 – 25%)
Windows コンテナーの実装 (5 – 10%)
高可用性の実装 (30 – 35%)
サーバー環境の保守と監視 (10 – 15%)

弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740学習材料を使えば、3日で合格できます。
9割くらいは弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740受験対策からの類似した問題です。
弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740勉強資料は広範囲な研究と経験に基づいて質問を提供することができます。
弊社のMCSA: Windows Server 2016資格70-740問題集を一通り学習した後、試験に合格することができます。
MCSA: Windows Server 2016資格70-740問題と解答をご参照ください

You have a Nano Server named Nano1.
Which cmdlet should you use to identify whether the DNS Server role is installed on Nano1?
A.Find-NanoServerPackage
B.Get-Package
C.Find-Package
D.Get-WindowsOptionalFeature
Answer: B

http://www.passexam.jp/MCSA-Windows-Server-2016.html
https://www.microsoft.com/ja-jp/learning/exam-70-740.aspx


多くの技術者が70-740認定試験に合格したいです。受験者は70-740資格試験の準備が十分になりますか?
70-740試験概要、受験対象、出題範囲及び勉強法を紹介します。
70-740試験の勉強資料はPassexamの70-740問題集です。
PassexamのMCSA: Windows Server 2016認定70-740練習問題を選ばれば短時間にITの知識を身につけることができて、高い点数をとられます。

70-740試験の配信開始は2016年10月3日です。
70-740試験概要:
試験番号:70-740
試験名称:Installation, Storage, and Compute with Windows Server 2016
言語: 英語、繁体字中国語、 簡体字中国語、日本語、ポルトガル語?ブラジル、フランス語、ドイツ語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Windows Server 2016
対応資格: MCSA
受験料:21103円

70-740受験対象者:

MCSA: Windows Server 2016認定70-740試験では主に、Windows Server 2016 で利用可能なインストール、記憶域、コンピューティングの機能に焦点を当てています。
MCSA: Windows Server 2016認定70-740試験は展開用のイメージの作成と管理に加えて、全般的なインストール タスクと考慮事項、そして Nano Server のインストールと構成を対象とします。さらに、ディスクとボリュームの構成、データ重複除去、高可用性、障害復旧、記憶域スペース ダイレクト、フェールオーバー クラスター化ソリューションを含むローカル/サーバー記憶域ソリューションも対象とします。
MCSA: Windows Server 2016認定70-740試験では、物理/コンピューティング環境でのサーバーの保守と監視に加えて、Hyper-V とコンテナーも対象とします。

70-740試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

ホスト環境とコンピューティング環境への Windows Server のインストール (10 – 15%)
記憶域ソリューションの実装 (10 – 15%)
Hyper-V の実装 (20 – 25%)
Windows コンテナーの実装 (5 – 10%)
高可用性の実装 (30 – 35%)
サーバー環境の保守と監視 (10 – 15%)

弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740問題集は一週間に時間ぐらいかかるなら、内容を覚えるだけいいです。
もし、MCSA: Windows Server 2016認定70-740試験に失敗したら、全額で返金いたします。最優秀なMCSA: Windows Server 2016認定70-740試験資料を提供して、受験者を試験に合格させることを保証します。
真実の70-740試験問題にとても似ていますので、弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740参考書を使用すれば、実際の仕事で必要な専門知識で身につけることができます。
最新のMCSA: Windows Server 2016認定70-740受験対策をしっかり理解し、暗記すればなんとか試験合格できます。
最も良い70-740テキストを見つけました、70-740問題と解答を安心に利用してください。

You have a Nano Server named Nano1.
Which cmdlet should you use to identify whether the DNS Server role is installed on Nano1?
A.Find-NanoServerPackage
B.Get-Package
C.Find-Package
D.Get-WindowsOptionalFeature
Answer: B

 


IT プロフェッショナルレベルのMCSA: Windows Server 2016認定資格の取得を目指しましょう。
70-740はCMCSA: Windows Server 2016についての体系的な知識を得るには最適な試験だと思います。
70-740試験全体の難易度としては、MCSA: Windows Server 2016資格といった位置づけということもあり、範囲は広いですが基礎的な問題が多かったです。
公式のテキストを一通り学習した後、じっくり勉強をされるようであれば、PassexamのMCSA: Windows Server 2016認定70-740問題集が良いと思います。
初心者の方はMCSA: Windows Server 2016認定70-740問題集がもっと充実してから、問題を覚えるまで繰り返す、きっと試験に合格できます。
最新のMCSA: Windows Server 2016認定70-740試験内容を習得でき、一回だけで70-740試験を受かることができ、大切な時間を節約します。

70-740試験番号:

試験番号:70-740
試験名称:Installation, Storage, and Compute with Windows Server 2016
配信開始: 2016 年 10 月 3 日
言語: 英語、繁体字中国語、 簡体字中国語、日本語、ポルトガル語?ブラジル、フランス語、ドイツ語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Windows Server 2016
対応資格: MCSA
合格点:700点
受験料:21103円

70-740受験対象者:

MCSA: Windows Server 2016認定70-740試験では主に、Windows Server 2016 で利用可能なインストール、記憶域、コンピューティングの機能に焦点を当てています。展開用のイメージの作成と管理に加えて、全般的なインストール タスクと考慮事項、そして Nano Server のインストールと構成を対象とします。さらに、ディスクとボリュームの構成、データ重複除去、高可用性、障害復旧、記憶域スペース ダイレクト、フェールオーバー クラスター化ソリューションを含むローカル/サーバー記憶域ソリューションも対象とします。またMCSA: Windows Server 2016認定70-740試験では、物理/コンピューティング環境でのサーバーの保守と監視に加えて、Hyper-V とコンテナーも対象とします。

70-740試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

ホスト環境とコンピューティング環境への Windows Server のインストール (10 – 15%)
記憶域ソリューションの実装 (10 – 15%)
Hyper-V の実装 (20 – 25%)
Windows コンテナーの実装 (5 – 10%)
高可用性の実装 (30 – 35%)
サーバー環境の保守と監視 (10 – 15%)

無料でMCSA: Windows Server 2016認定70-740参考書を更新してあげるのを選択することもできます。
真実のMCSA: Windows Server 2016認定70-740試験内容と同じので、Nano Server のインストールと構成などの試験内容を習得でき、問題内容を覚えるだけいいです。
弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740試験範囲をきっちり勉強できていれば2日に合格できると思います。
最新のMCSA: Windows Server 2016認定70-740練習問題集が結構出題されます。
弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740勉強材料を使用していることを安心することができます。
下記は高い精確のMCSA: Windows Server 2016認定70-740問題と答えで、ご参照ください。

You have a Nano Server named Nano1.
Which cmdlet should you use to identify whether the DNS Server role is installed on Nano1?
A.Find-NanoServerPackage
B.Get-Package
C.Find-Package
D.Get-WindowsOptionalFeature
Answer: B

 


70-740試験はいくら勉強してもなかなか合格しない人が多いですが、MCSA: Windows Server 2016は数ヶ月を研修所や専門学校で勉強すれば確実に合格できます。でも、勉強時間が長いです。
受験者は気楽にMCSA: Windows Server 2016認定70-740試験を取得したいですか?
MCSA: Windows Server 2016認定70-740試験に合格したい方は、どのような勉強をしていたのでしょうか。
必須研修の70-740テキストだけ完璧に学習しても試験合格はかなり難しいと思い、Passexamの70-740勉強使用と一緒に学習したら、きっと70-740試験に合格することができます。
弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740問題集に受験された方の勉強方法を参考に、Windows Server 2016関する知識を行いながら学習を進めます。
弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740試験材料よりも多少難しい問題も出題されますが、程度知識があれば十分対応できます。

MCSA: Windows Server 2016認定70-740試験概要:

試験番号:70-740
試験名称:Installation, Storage, and Compute with Windows Server 2016
配信開始: 2016 年 10 月 3 日
言語: 英語、繁体字中国語、 簡体字中国語、日本語、ポルトガル語?ブラジル、フランス語、ドイツ語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Windows Server 2016
対応資格: MCSA
受験料:21103円

MCSA: Windows Server 2016認定70-740受験対象者

MCSA: Windows Server 2016認定70-740試験では主に、Windows Server 2016 で利用可能なインストール、記憶域、コンピューティングの機能に焦点を当てています。展開用のイメージの作成と管理に加えて、全般的なインストール タスクと考慮事項、そして Nano Server のインストールと構成を対象とします。
MCSA: Windows Server 2016認定70-740試験では、物理/コンピューティング環境でのサーバーの保守と監視に加えて、Hyper-V とコンテナーも対象とします。

MCSA: Windows Server 2016認定70-740出題範囲:

ホスト環境とコンピューティング環境への Windows Server のインストール (10 – 15%)
記憶域ソリューションの実装 (10 – 15%)
Hyper-V の実装 (20 – 25%)
Windows コンテナーの実装 (5 – 10%)
高可用性の実装 (30 – 35%)
サーバー環境の保守と監視 (10 – 15%)

弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740参考書は20時間から30時間ぐらいかかるなら、内容を覚えるだけいいです。
弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740問題集の的中率は高くて、初心者として、高い点数を取ることができます。
弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740試験材料を使えば、実践経験やテストダンプにも含まれています。
弊社のMCSA: Windows Server 2016認定70-740学習資料を購入したら、最も重要な試験準備のことを実現できます。
最新のMCSA: Windows Server 2016認定70-740勉強材料が問題の9割は簡単に解けるできます。
最新の70-740参考書を解き、70-740問題と解答を熟読すれば合格できると思います。

1.You have a Nano Server named Nano1.
Which cmdlet should you use to identify whether the DNS Server role is installed on Nano1?
A.Find-NanoServerPackage
B.Get-Package
C.Find-Package
D.Get-WindowsOptionalFeature
Answer: B