MCSE: Mobility資格では、今日の Bring Your Own Device (BYOD) エンタープライズのデバイスの管理に必要なスキルを身に付けていることを実証します。
70-695試験の受験者は、MCSE: Mobility認定を取得している必要があります。
MCSE: Mobility認定70-695勉強は難しいでしょうか?
Passexamは全面的な認証基準のMCSE: Mobility認定70-695勉強方法を追求しています。
レベルと生活に合った勉強スケジュールを組み立てることで、独学でもPassexamのMCSE: Mobility認定70-695問題集に合格することができます。
弊社のMCSE: Mobility認定70-695勉強資料についての出題もあるので、しっかりと対策が必要だと感じます。
9割くらいは弊社のMCSE: Mobility認定70-695参考書からの類似した問題です。

70-695受験体験記には、下記のとおりです

普通の問題はPassexamの問題とまったく同じ物も多く出題されるので、きちんとここで勉強していれば問題なく解けるのです

MCSE:を取得しましょう:従来のデスクトップ サポート技術者から、エンタープライズの BYOD デバイスおよびアプリの管理まで、幅広いキャリア パスの資格が与えられます。

ステップ1-スキル
MCSAの取得:Windows 10認定

ステップ2-試験
必須試験1つに合格して下さい。試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定
MCSEを獲得します:モビリティ認証

ステップ4-継続教育

70-695試験概要:

試験番号:70-695
試験名称:Windows デスクトップおよびエンタープライズ アプリケーションの展開
配信開始: 2015 年 1 月 23 日
言語: 英語、繁体字中国語、 簡体字中国語、日本語、ポルトガル語?ブラジル、フランス語、ドイツ語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Windows 8.1、Windows Server 2012 R2
対応資格: MCP、MCSE
試験料:¥21,103.00 JPY
2016 年 2 月の時点で、MCSE: Mobility認定70-695試験は、Windows 10 のシナリオ、要件、および関連する Service Pack の更新を反映して更新されました。

70-695受験対象者:

MCSE: Mobility認定70-695試験は、中規模から大規模のエンタープライズ組織全体の PC、デバイス、アプリケーションの展開、管理、保守を行う IT プロフェッショナルを対象としています。

MCSE: Mobility認定70-695試験は一般に、デスクトップ サポートの経験者が対象となります。対象者の大部分は、System Center 2012 R2 Configuration Manager を使って Windows デバイスやアプリケーションを管理、展開しているか、その予定があります。

70-695試験がカバーする出題分野ならびに各分野の試験問題数に占める割合を以下に示します。

オペレーティング システム展開 (OSD) インフラストラクチャの実装 (20 ~ 25%)
ライト タッチ展開の実装 (15 ~ 20%)
ゼロ タッチ展開の実装 (20 ~ 25%)
デバイス イメージの作成と保守 (20-25%)
アプリケーション環境の準備と展開 (20 ~ 25%)

PassexamはMCSE: Mobility認定70-695試験の準備をすることができる最高の方法です。
弊社のMCSE: Mobility認定70-695問題集を選択し、受験者のために最も適しています。
弊社のMCSE: Mobility認定70-695テキストを使えば、高効率と情報技術の分野で働くことができます。
もし、MCSE: Mobility認定70-695学習教材は問題があれば、或いは試験に不合格になる場合は、全額返金することを保証いたします。
受験者は弊社の70-695学習資料の参考に使用してから、70-695出題内容を習得することができます。

1.You need to assess Windows 8.1 readiness for the test network.
What is the best approach to achieve the goal? More than one answer choice may achieve the goal. Select the BEST answer.
A. Run the Windows Assessment Services client and filter the asset inventory based on Windows 7.
B. From Microsoft Assessment and Planning Toolkit, open Inventory and Assessment Wizard, and then select the Windows computers inventory scenario check box.
C. Run the Windows Assessment Services script on all of the client computers.
D. From the Microsoft Assessment and Planning Toolkit, create a new inventory database for Windows 8.1.
Answer: B

2.You need to recommend which services must be deployed to the training network for the operation system deployment.
What should you include in the recommendation?
A. MDT
B. a DHCP relay agent
C. an IP Address Management (IPAM) server
D. a DNS server
Answer: B

3.You need to recommend a solution for activating the kiosk computers.
What should you include in the recommendation?
A. Create a reference image that has a Multiple Activation Key (MAK) located in C:\License.txt.
B. Create an image of an activated reference computer.
C. In an answer file, specify a Generic Volume Licensing Key (GVLK).
D. In an answer file, specify a Multiple Activation Key (MAK).
Answer: D

4.You need to meet the technical requirements for creating task sequences to upgrade the Windows client computers on the production network.
What should you do?
A. Open Create Task Sequence Wizard and select Create a new custom task sequence.
B. Install MDT and run Configure ConfigMgr Integration.
C. Import the System Center Integration Pack for System Center 2012 R2 Configuration Manager.
D. Add a state migration point site system role.
Answer: B

5.You need to meet the application requirements for Server1 and Server2.
What are two possible ways to achieve this goal? Each correct answer presents a complete solution.
A. Create a selection profile.
B. Create a deployment database.
C. Create a linked deployment share.
D. Modify the deployment share properties.
E. Create a new image group.
Answer: B,D

6.You need to meet the image requirements for Image1.wim.
To which folder should you copy the answer file in Image1.wim?
A. Windows\System32\Sysprep
B. Windows\System
C. Windows\System32\Setup
D. Windows
Answer: A

7.After the planned migration, you need to gather data from the client computers on the Contoso network.
Which is the best account to use to achieve the goal? More than one answer choice may achieve the goal. Select the BEST answer.
A. Fabrikam\Administrator
B. Contoso\Administrator
C. Fabrikam\User2
D. Fabrikam\User1
Answer: C

8.You have a server named Server1 that runs Windows Server 2012 R2 server. You deploy a Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Manager site server to Server1. You need to ensure that Server1 can support Zero Touch Installation (ZTI) deployments. The deployments must minimize the amount of network bandwidth used. Which two actions should you perform? Each correct answer presents part of the solution.
A. From Server Manager, install the Windows Deployment Services server role.
B. From the Windows Deployment Services console, configure the PXE Response settings.
C. From the Configuration Manager console, add the distribution point site system role.
D. From the Configuration Manager console, enable multicast on Server1. E. From the Configuration Manager console, enable PXE support for the clients on Server1.
Answer: C,E

 


MCSE: Mobility資格では、今日の Bring Your Own Device (BYOD) エンタープライズのデバイスの管理に必要なスキルを身に付けていることを実証します。
MCSE:を取得しましょう:従来のデスクトップ サポート技術者から、エンタープライズの BYOD デバイスおよびアプリの管理まで、幅広いキャリア パスの資格が与えられます。

ステップ1-スキル
MCSAの取得:Windows 10認定

ステップ2-試験
必須試験1つに合格して下さい。試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定
MCSEを獲得します:モビリティ認証

ステップ4-継続教育

70-695試験の受験者は、MCSE: Mobility認定を取得している必要があります。
MCSE: Mobility認定70-695勉強は難しいでしょうか?
Passexamは全面的な認証基準のMCSE: Mobility認定70-695勉強方法を追求しています。
レベルと生活に合った勉強スケジュールを組み立てることで、独学でもPassexamのMCSE: Mobility認定70-695問題集に合格することができます。
弊社のMCSE: Mobility認定70-695勉強資料についての出題もあるので、しっかりと対策が必要だと感じます。
9割くらいは弊社のMCSE: Mobility認定70-695参考書からの類似した問題です。

70-695試験概要:

試験番号:70-695
試験名称:Windows デスクトップおよびエンタープライズ アプリケーションの展開
配信開始: 2015 年 1 月 23 日
言語: 英語、繁体字中国語、 簡体字中国語、日本語、ポルトガル語?ブラジル、フランス語、ドイツ語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Windows 8.1、Windows Server 2012 R2
対応資格: MCP、MCSE
試験料:¥21,103.00 JPY
2016 年 2 月の時点で、MCSE: Mobility認定70-695試験は、Windows 10 のシナリオ、要件、および関連する Service Pack の更新を反映して更新されました。

70-695受験対象者:

MCSE: Mobility認定70-695試験は、中規模から大規模のエンタープライズ組織全体の PC、デバイス、アプリケーションの展開、管理、保守を行う IT プロフェッショナルを対象としています。
MCSE: Mobility認定70-695試験は一般に、デスクトップ サポートの経験者が対象となります。対象者の大部分は、System Center 2012 R2 Configuration Manager を使って Windows デバイスやアプリケーションを管理、展開しているか、その予定があります。

70-695出題範囲:

オペレーティング システム展開 (OSD) インフラストラクチャの実装 (20 ~ 25%)
ライト タッチ展開の実装 (15 ~ 20%)
ゼロ タッチ展開の実装 (20 ~ 25%)
デバイス イメージの作成と保守 (20-25%)
アプリケーション環境の準備と展開 (20 ~ 25%)

PassexamはMCSE: Mobility認定70-695試験の準備をすることができる最高の方法です。
弊社のMCSE: Mobility認定70-695問題集を選択し、受験者のために最も適しています。
弊社のMCSE: Mobility認定70-695テキストを使えば、高効率と情報技術の分野で働くことができます。
もし、MCSE: Mobility認定70-695学習教材は問題があれば、或いは試験に不合格になる場合は、全額返金することを保証いたします。
70-695合格ラインの700点ので、弊社のMCSE: Mobility認定70-695過去問はテスト用の勉強は必要です。

 


MCSE: Mobility資格では、今日の Bring Your Own Device (BYOD) エンタープライズのデバイスの管理に必要なスキルを身に付けていることを実証します。
MCSE: Mobility資格70-398の独学勉強法は、基本的には誰でも実践できる方法です。
MCSE: Mobility資格70-398問題集が9割を超えられるまで、繰り返し勉強すればPassexamとしては十分です。
PassexamのMCSE: Mobility資格70-398参考書を勉強したことが非常に役に立ちます。
実際のMCSE: Mobility資格70-398試験には役立つ知識があります。
弊社のMCSE: Mobility資格70-398練習問題は一年以内に無料でアップデート版を提供し、一回で合格することを保証いたします。
弊社のMCSE: Mobility資格70-398問題集の正答率90%以上の程度で1回目の受験したら、試験に合格することができます。

MCSE:を取得しましょう:従来のデスクトップ サポート技術者から、エンタープライズの BYOD デバイスおよびアプリの管理まで、幅広いキャリア パスの資格が与えられます。

ステップ1-スキル
MCSAの取得:Windows 10認定
ステップ2-試験
必須試験1つに合格して下さい。試験予習リソースを必ず確認して下さい。
ステップ3-認定
MCSEを獲得します:モビリティ認証
ステップ4-継続教育

70-398試験概要:

試験名称:Planning for and Managing Devices in the Enterprise
配信開始: 2015 年 11 月 24 日
言語: 英語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Enterprise Mobility Suite (EMS)
対応資格: MCP、MCSE
試験料:¥21,103.00 JPY
2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

70-398受験対象者:

MCSE: Mobility資格70-398試験では、クラウド ID とハイブリッド ID およびデバイス管理用の関連 ID インフラストラクチャの計画と設計についての知識とスキルを受験者が有していることを検証します。
MCSE: Mobility資格70-398試験の受験者はデータ損失防止 (DLP) によるコンテンツの保護とモバイル デバイスの管理およびセキュリティ保護のためのポリシーを計画して設計できる必要があります。

70-398試験の出題範囲には、以下のトピックが含まれます

クラウド/ハイブリッド ID の設計 (15–20%)
デバイス アクセスと保護の設計 (15–20%)
データ アクセスと保護の設計 (15–20%)
リモート アクセスの設計 (15–20%)
アプリの計画 (10–15%)
更新と回復の計画 (15–20%)

PassexamのMCSE: Mobility資格70-398勉強資料はPDF版とソフト版を提供しますので、どこでも勉強してもいいです。
最新のMCSE: Mobility資格70-398学習材料を勉強することだけで楽に試験に合格することができます。
弊社のMCSE: Mobility資格70-398試験資料は広範囲な研究と経験に基づいて質問を提供することができます。
参考のために、以下に70-398試験問題のサンプルを示します。70-398試験の問題は、形式も内容も以下に示す問題に類似しています。

1.A company implements offline files for all Windows 10 devices.
A user reports that they are running low on free disk space.
You need to determine the amount of disk space being used by offline files on the user’s device.
What should you do?
A. On the device, run the following Windows PowerShell command:Get-Disk | Where-Object IsOffline- Eq
$True | Set-Disk-IsOffline $False
B. Instruct the user to launch Resource Manager.
C. On the device, run the following Windows PowerShell command:Get-Disk | Where-Object IsOffline- Eq
$False | Set-Disk-IsOffline $True
D. Instruct the user to launch Sync Center.
Answer: D

2.A company has tablet devices that run Windows 10. You configure auditing for devices.
You need to determine which audit policies are configured on the devices.
What should you do?
A. At a command prompt, run the following command:auditpol
B. Run the following Windows PowerShell cmdlet:Get-AdminAuditLogConfig
C. At a command prompt, run the following command:Dsget
D. At a command prompt, run the following command:Winrm
E. Run the following Windows PowerShell cmdlet:Get-AuditLogSearch
Answer: A

 


MCSE: Mobility資格では、今日の Bring Your Own Device (BYOD) エンタープライズのデバイスの管理に必要なスキルを身に付けていることを実証します。
MCSE: Mobility認定のためには、70-398試験に合格する必要がございます。
MCSE: Mobility認定70-398出題範囲の難易度は難しいです。
短期間で効率的にMCSE: Mobility認定70-398試験に合格できる独学勉強法を紹介します。
70-398試験取得を目指すのであれば、PassexamのMCSE: Mobility認定70-398問題集を使用してください。
弊社のMCSE: Mobility認定70-398(Planning for and Managing Devices in the Enterprise)参考書を勉強すれば2週間程度の独学で合格することができる難易度です。
弊社のMCSE: Mobility認定70-398試験のテキストで間違ったものを何度も繰り返すことで、確実に実力が上がるので根気よく勉強しましょう。

MCSE:を取得しましょう:従来のデスクトップ サポート技術者から、エンタープライズの BYOD デバイスおよびアプリの管理まで、幅広いキャリア パスの資格が与えられます。

ステップ1-スキル
MCSAの取得:Windows 10認定

ステップ2-試験
必須試験1つに合格して下さい。試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定
MCSEを獲得します:モビリティ認証

ステップ4-継続教育

70-398試験概要:

試験名称:Planning for and Managing Devices in the Enterprise
配信開始: 2015 年 11 月 24 日
言語: 英語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Enterprise Mobility Suite (EMS)
対応資格: MCP、MCSE
受験料:¥21,103.00 JPY

70-398受験対象者:

MCSE: Mobility認定70-398試験では、クラウド ID とハイブリッド ID およびデバイス管理用の関連 ID インフラストラクチャの計画と設計についての知識とスキルを受験者が有していることを検証します。
MCSE: Mobility認定70-398(Planning for and Managing Devices in the Enterprise)試験の受験者はデータ損失防止 (DLP) によるコンテンツの保護とモバイル デバイスの管理およびセキュリティ保護のためのポリシーを計画して設計できる必要があります。また、Hyper-V による仮想化を使ってデバイスにアプリケーションを提供し、会社ポータルまたは Windows ストアを使ってアプリケーション管理を実行するプラットフォームを計画して設計できる必要もあります。

70-398試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

クラウド/ハイブリッド ID の設計 (15–20%)
デバイス アクセスと保護の設計 (15–20%)
データ アクセスと保護の設計 (15–20%)
リモート アクセスの設計 (15–20%)
アプリの計画 (10–15%)
更新と回復の計画 (15–20%)

最新のMCSE: Mobility認定70-398学習材料をしっかりと勉強すれば、独学でも試験に合格することはできます。
弊社のMCSE: Mobility認定70-398問題集を使用すると、短期間でも習得することができます。
弊社のMCSE: Mobility認定70-398試験資料は独学でもほとんどの分野は理解することが可能です。
最新のMCSE: Mobility認定70-398参考書を使用すると、初心者としてこの試験分野の基礎知識は持っている場合、きっと70-398試験に合格することができます。
弊社のMCSE: Mobility認定70-398問題と解答を解いている最適は思います。

1.A company implements offline files for all Windows 10 devices.
A user reports that they are running low on free disk space.
You need to determine the amount of disk space being used by offline files on the user’s device.
What should you do?
A. On the device, run the following Windows PowerShell command:Get-Disk | Where-Object IsOffline- Eq
$True | Set-Disk-IsOffline $False
B. Instruct the user to launch Resource Manager.
C. On the device, run the following Windows PowerShell command:Get-Disk | Where-Object IsOffline- Eq
$False | Set-Disk-IsOffline $True
D. Instruct the user to launch Sync Center.
Answer: D

2.A company has tablet devices that run Windows 10. You configure auditing for devices.
You need to determine which audit policies are configured on the devices.
What should you do?
A. At a command prompt, run the following command:auditpol
B. Run the following Windows PowerShell cmdlet:Get-AdminAuditLogConfig
C. At a command prompt, run the following command:Dsget
D. At a command prompt, run the following command:Winrm
E. Run the following Windows PowerShell cmdlet:Get-AuditLogSearch
Answer: A

http://www.passexam.jp/MCSE-Mobility.html
https://www.microsoft.com/ja-jp/learning/exam-70-398.aspx


IT プロフェッショナルになりたい学生の方で、就職活動のためにMCSE: Mobility資格の取得を考えている人、IT プロフェッショナルを目指しています。
MCSE: Mobility資格では、今日の Bring Your Own Device (BYOD) エンタープライズのデバイスの管理に必要なスキルを身に付けていることを実証します。
2016 年 2 月の時点で、70-695試験は、Windows 10 のシナリオ、要件、および関連する Service Pack の更新を反映して更新されました。
PassexamのMCSE: Mobility資格70-695問題集をしっかりと勉強すれば独学で合格することは可能です。
弊社のMCSE: Mobility資格70-695試験のテキストを選ぶことで、独学でも基礎となる知識を身につけることができます。
弊社のMCSE: Mobility資格70-695参考書はPDF形式およびソフトウェアを提供し、通勤時間で勉強してもいいです。
弊社のMCSE: Mobility資格70-695学習材料はいつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいです。電車での勉強に最適なデバイスです。

MCSE:を取得しましょう:従来のデスクトップ サポート技術者から、エンタープライズの BYOD デバイスおよびアプリの管理まで、幅広いキャリア パスの資格が与えられます。

ステップ1-スキル
MCSAの取得:Windows 10認定
ステップ2-試験
必須試験1つに合格して下さい。試験予習リソースを必ず確認して下さい。
ステップ3-認定
MCSEを獲得します:モビリティ認証
ステップ4-継続教育

70-695受験対象者:

MCSE: Mobility資格70-695試験は、中規模から大規模のエンタープライズ組織全体の PC、デバイス、アプリケーションの展開、管理、保守を行う IT プロフェッショナルを対象としています。一般に、デスクトップ サポートの経験者が対象となります。対象者の大部分は、System Center 2012 R2 Configuration Manager を使って Windows デバイスやアプリケーションを管理、展開しているか、その予定があります。

70-695試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

オペレーティング システム展開 (OSD) インフラストラクチャの実装 (20 ~ 25%)
ライト タッチ展開の実装 (15 ~ 20%)
ゼロ タッチ展開の実装 (20 ~ 25%)
デバイス イメージの作成と保守 (20-25%)
アプリケーション環境の準備と展開 (20 ~ 25%)

返金保証制度:もし、弊社のMCSE: Mobility資格70-695受験対策を使用してから、不合格の場合、弊社で購入したお金を返金します。
最も先進的なMCSE: Mobility資格70-695勉強材料を提供します。
弊社のMCSE: Mobility資格70-695学習材料を使えば、専門の問題に対応できたことが、合格につながったと思います。
弊社のMCSE: Mobility資格70-695試験資料を購入したお客様は一年のうちに無料更新のサービスをして、更新された状態を確保できます。
MCSE: Mobility資格70-695問題と解答のサンプルを無料に提供します。

You need to recommend which services must be deployed to the training network for the
operation system deployment.
What should you include in the recommendation?
A. MDT
B. a DHCP relay agent
C. an IP Address Management (IPAM) server
D. a DNS server
Answer: B

 


MCSE: Mobility資格では、今日の Bring Your Own Device (BYOD) エンタープライズのデバイスの管理に必要なスキルを身に付けていることを実証します。
MCSE:を取得しましょう:従来のデスクトップ サポート技術者から、エンタープライズの BYOD デバイスおよびアプリの管理まで、幅広いキャリア パスの資格が与えられます。

ステップ1-スキル
MCSAの取得:Windows 10認定

ステップ2-試験
必須試験1つに合格して下さい。試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定
MCSEを獲得します:モビリティ認証

ステップ4-継続教育

70-695試験の受験者は、MCSE: Mobility認定を取得している必要があります。
MCSE: Mobility認定70-695勉強は難しいでしょうか?
Passexamは全面的な認証基準のMCSE: Mobility認定70-695勉強方法を追求しています。
レベルと生活に合った勉強スケジュールを組み立てることで、独学でもPassexamのMCSE: Mobility認定70-695問題集に合格することができます。
弊社のMCSE: Mobility認定70-695勉強資料についての出題もあるので、しっかりと対策が必要だと感じます。
9割くらいは弊社のMCSE: Mobility認定70-695参考書からの類似した問題です。

70-695試験概要:

試験番号:70-695
試験名称:Windows デスクトップおよびエンタープライズ アプリケーションの展開
配信開始: 2015 年 1 月 23 日
言語: 英語、繁体字中国語、 簡体字中国語、日本語、ポルトガル語?ブラジル、フランス語、ドイツ語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Windows 8.1、Windows Server 2012 R2
対応資格: MCP、MCSE
試験料:¥21,103.00 JPY
2016 年 2 月の時点で、MCSE: Mobility認定70-695試験は、Windows 10 のシナリオ、要件、および関連する Service Pack の更新を反映して更新されました。

70-695受験対象者:

MCSE: Mobility認定70-695試験は、中規模から大規模のエンタープライズ組織全体の PC、デバイス、アプリケーションの展開、管理、保守を行う IT プロフェッショナルを対象としています。
MCSE: Mobility認定70-695試験は一般に、デスクトップ サポートの経験者が対象となります。対象者の大部分は、System Center 2012 R2 Configuration Manager を使って Windows デバイスやアプリケーションを管理、展開しているか、その予定があります。

70-695出題範囲:

オペレーティング システム展開 (OSD) インフラストラクチャの実装 (20 ~ 25%)
ライト タッチ展開の実装 (15 ~ 20%)
ゼロ タッチ展開の実装 (20 ~ 25%)
デバイス イメージの作成と保守 (20-25%)
アプリケーション環境の準備と展開 (20 ~ 25%)

PassexamはMCSE: Mobility認定70-695試験の準備をすることができる最高の方法です。
弊社のMCSE: Mobility認定70-695問題集を選択し、受験者のために最も適しています。
弊社のMCSE: Mobility認定70-695テキストを使えば、高効率と情報技術の分野で働くことができます。
もし、MCSE: Mobility認定70-695学習教材は問題があれば、或いは試験に不合格になる場合は、全額返金することを保証いたします。
70-695合格ラインの700点ので、弊社のMCSE: Mobility認定70-695過去問はテスト用の勉強は必要です。